沿革・歩み

1914(大正3年) 12月 産業組合法に基づく「有限責任埼玉県信用組合聯合会」設立
1948(昭和23年) 8月 農業協同組合法に基づき「埼玉県信用農業協同組合連合会」設立
(貯金量7億2千万円)
1954(昭和29年) 4月 農林漁業金融公庫の受託業務開始
1962(昭和37年) 11月 東京手形交換所代理交換に加盟
1963(昭和38年) 4月 住宅金融公庫の受託業務開始
1964(昭和39年) 4月 農業改良資金に係る埼玉県指定代理金融機関の指定を受ける
1966(昭和41年) 7月 内国為替業務開始
1968(昭和43年) 11月 貯金量1千億円達成
1972(昭和47年) 10月 埼玉県収納代理金融機関に指定され県公金の収納取扱開始
1976(昭和51年) 11月 オンラインシステム稼働
1978(昭和53年) 1月 貯金量5千億円達成
1979(昭和54年) 1月 国民金融公庫受託業務開始
2月 全国銀行内国為替制度加盟
1980(昭和55年) 10月 県内農協貯金ネットサービス開始
1982(昭和57年) 5月 為替オンラインシステム稼働
1983(昭和58年) 3月 県下全農協の信用事業オンライン化完成
6月 貯金量1兆円達成
1984(昭和59年) 3月 全国農協貯金ネットサービス開始
8月 農協全銀内為制度加盟
12月 貸出金オンラインシステム稼働
1986(昭和61年) 12月 国債窓販業務の取扱開始
1987(昭和62年) 12月 貯金量1兆5千億円達成
1990(平成2年) 7月 都銀・地銀とのキャッシュサービス開始
1991(平成3年) 2月 第2地銀、信金、信組、労金とのキャッシュサービス開始
4月 サンデーバンキング開始
6月 日銀歳入金窓口受け入れ開始
1992(平成4年) 4月 愛称を「JA埼玉県信連」としてスタート
1994(平成6年) 3月 貯金量2兆円達成
9月 国債等自己窓販業務の取扱開始
1995(平成7年) 11月 第4次全銀内国為替システム対応
1998(平成10年) 10月 「JAバンク」の導入
1999(平成11年) 4月 ATM・CDの祝日稼働開始
10月 投資信託窓販業務の取扱開始
2000(平成12年) 5月 郵便局とのキャッシュサービス開始
9月 農中信託銀行信託代理店業務開始
2002(平成14年) 1月 JAバンクシステム導入
5月 JASTEMシステムへの移行
6月 経営管理委員会制度の導入
9月 インターネットバンキング(JAネットバンク)取扱開始
2003(平成15年) 11月 第5次全銀内国為替システム対応
2004(平成16年) 4月 ファームバンキング取扱開始
2005(平成17年) 3月 「決済用貯金」取扱開始
4月 貯金量2兆5千億円達成
11月 セブン銀行とのATM提携開始
2006(平成18年) 10月 ICキャッシュカード・生体認証取扱開始
新JAカード取扱開始
2007(平成19年) 5月 ATM休日稼働の拡大並びに休日稼働時間の延長
郵便貯金・セブン銀行ATMでの入金取引開始
2008(平成20年) 1月 JAバンク埼玉キャッシュカードの県内ATM入出金手数料の無料化開始
7月 JAバンクキャッシュカードの全国ATM入出金手数料の無料化開始
2010(平成22年) 1月 JASTEMシステムの更改
4月 JFマリンバンク・ゆうちょ銀行ATMの出金手数料無料化開始
2011(平成23年) 11月 第6次全銀内国為替システム対応
2012(平成24年) 10月 県内JAの窓口事務の統一を開始
2013(平成25年) 11月 コンビニATM2社(イーネット・ローソン)とのATM提携開始
2014(平成26年) 10月 法人向けインターネットバンキング(法人JAネットバンク)取扱開始
サイバー犯罪に対する共同対処に関する協定の締結
2015(平成27年) 5月 JAバンクでんさいサービス取扱開始
12月 貯金量3兆円達成
2016(平成28年) 1月 MICS提携時間拡大に伴うATM休日稼働時間の拡大
12月 JASTEM‐ATMへの移行

JAバンク埼玉県信連の概要TOPへ戻る