ごあいさつ

経営管理委員会会長 若林 龍司 代表理事理事長 松本 俊一

平素より私ども埼玉県信用農業協同組合連合会(愛称/JAバンク埼玉県信連)をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

当会は、昭和23年の設立以来、埼玉県農業と県内農業協同組合(愛称/JA)並びに地域社会の発展を金融面から支援する金融機関として歩んでまいりました。

農業を取り巻く情勢につきましては、農業者の減少・高齢化と後継者不足等の問題が山積となっており、農業とJAグループを取り巻く環境は一層厳しいものとなっています。このようななか、JAグループにおいては、農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化の実現に向けた自己改革への取組みが強く求められております。

このような情勢のもと、当会は「第12次中期経営計画書」(平成28年度~平成30年度)を策定し、JAバンク自己改革の完遂に向け、JAとの連携を更に深めつつ、より一層の経営効率化と基盤強化に取り組んでまいります。

今後も農業及び地域のメインバンクとして、皆様に信頼いただける金融機関であり続けるために、役職員一丸となって経営の合理化・効率化、並びにリスク管理の徹底に努めるとともに、金融サービスの向上に最善の努力を傾注してまいる所存でございます。

引き続き皆様のご理解と一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

経営管理委員会会長 若林 龍司 代表理事理事長 松本 俊一

JAバンク埼玉県信連の概要TOPへ戻る